読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業内弁護士(志望者)の備忘録

このブログが参考になるかどうかはあなた次第

採点雑感

第1.はじめに

 いろいろな縁で,司法試験受験生の答案を採点し,コメントする機会に恵まれています。そこで,思うところをつらつらと書いておきます。

 

第2.受験生のレベル

 全然高くありません*1自分が受験生だったころに教えてあげたかった,というくらいです。

 もちろん,中には優秀な方もいるのですが,全体として「こんなものか」という感じです。再現答案集に掲載されている下位合格~ぎりぎり不合格答案は,いわゆる「お化粧答案」と思って問題ないかと思います*2

 具体的にいうと,基本的な論点でさえ書けない(例えば,行政法の処分性,刑訴法の「強制の処分」の規範が不正確な方が一定数います。さすがに,そこが合格ラインになることはないと思いますが…。),法的三段論法を守れない,事実をあまり拾えない等々。

 正直,過去問と再現答案を検討し,どのような答案が評価されるのか少しでも研究すればわかるだろう,という部分ができない人がそれなりにいるのです。

 そのため,①重要論点(例えば『趣旨・規範ハンドブック』掲載論点)について,理由をつけて規範をたてることができ,②法的三段論法を守って答案を書け,③それなりに事実をひろって評価もできれば,十二分に合格できます*3

 判例に即して事実を検討したり,多くの事実を拾い上げて説得的に評価したりできれば上位答案になると思います。

 

第3.目指すべきライン

 いきなりギリギリ合格を狙って勉強を開始することは危険です。何か一科目でも失敗すれば落ちることにつながってしまいます。

 就活の関係からも,上位合格を目指すことにこしたことはありません*4

 ただ,何に取り組むかにあたって優先順位をつけるべきです。上記①~③ができていないのに,新しい問題集やら新しい基本書やらに手を出す必要はありません。受験直前期になると,新しい知識を増やしたくなるものですが,まずは,基本的な事項をしっかりおさえられているか確認(規範は正確に覚えているのか・考慮要素をきちんとあげられるか……)してもらえたらと思う今日この頃です*5

 

※そのうち加筆します

*1:内藤先生のブログで詳しく触れられていますので,そちらを参考にしていただいたほうが有益だと思います(司法試験論文添削雑感〜添削者サイドから見た受験生答案〜|予備校派のための司法試験・予備試験塾 KLOライセンス)。

*2:そもそも,書き方・基本的知識が定まっていないことから,正確に再現答案を作成することも難しい方がそれなりにおられると思うし,かくいう私もその一人である

*3:もちろん,ここにたどり着くまでがそれなりに大変なのですが…。

*4:裁判官・検察官になる場合に司法試験の順位が少なからず影響することはもちろん,弁護士として就活をする際にも順位は少なからず影響します

*5:大半の受験生はこの部分がおぼついていないと思います

インハウスを志望するに至るまで その1 はじめに

弁護士にもいろいろあるが,「人権派~」やら「国際~」やらはともかく,「企業内弁護士」*1と聞いていう言葉を聞いて馴染みのある人がどれだけいるのかわかりません。

現在,日本には1700人を超える企業内弁護士がいます*2*3。要するに企業に所属している弁護士が「企業内弁護士」であり,実体としてほとんど法務部のサラリーマンと変わらないことが多いようです。違いといえば弁護士登録しているかどうか,その気になれば法廷に立てるかどうかでしょうか。

2001年の時点では68人しかいなかった企業内弁護士が,わずか15年でここまで増えた理由はいくつもあるのでしょうが,大きな理由は①司法試験合格者の急増と②企業間での需要の増加にあると思われます*4

私は司法制度改革が始まった後に法曹を志した人間であるため法科大学院制度と新司法試験の開始が弁護士業界にどのような影響を与えたか実感としては知らないし,このあたりの分析に大した興味もないので深入りはしませんが,とにかく企業内弁護士はこの10年で激増しました。

企業内弁護士が増えだしたころ(2007年~2008年あたり?)は,弁護士事務所を経験してから企業に「転職」する弁護士が多かったようですが,近年は司法修習*5終了後直ちにインハウスになる方も増えているようであり*6,かくいう私もその一人です。

そんなわけで,私がなぜインハウスを志望するに至ったか,(個人が特定されない程度に)つらつら書き連ねることにより備忘録とするとともに,法科大学院生やら予備試験受験生やら法学部生やらの参考になれば幸いであると思い,ブログを開設した次第であります。

 

*1:業界の皆様は「インハウス(インハウスローヤーの略)」と呼ぶことが多い気がするし,私も普段はそう呼ぶので,以下ではインハウスとも言います。

*2:統計|日本組織内弁護士協会を参照。これは2016年7月時点の数字であり,素人的直観では今後もしばらくは増加していきそう。

*3:弁護士のおよそ20人に1人が企業内弁護士であることになります。

*4:この点に関し,「3000人合格を目指したことで引き起こされた「就職難」と、「インハウスローヤーの増加」「企業の弁護士採用」とは一緒の文脈で語られるべきことではないだろう。そもそも、この弁護士人数増加の旗印であった3000人という数字に、明確な根拠はない。一方で、企業は純粋に自社の戦略に合わせて人事を行う。弁護士界の根拠のない人数論は、弁護士界というインナーサークルの論理であり、企業には、まったく通用しないのだ。」(インハウスローヤーとして企業内で働く胸中「弁護士人数増加」のドグマを支えるためではない|弁護士界の憂鬱 バブルと改革に揺れた10年|ダイヤモンド・オンライン)との指摘がなされています。

*5:司法試験合格後,法曹になるために行われる研修のようなもの。現在はおよそ1年間行われます。

*6:人に伝え聞いた話なのでどこまで正確な情報かはわかりません。